格安sim

格安simって何?

キャリア、ドコモやAU・ソフトバンクのスマホでも利用しているICカード!

このICカードを格安simと交換すれば格安simスマホになります

格安sim比較

格安sim 比較おすすめ人気ランキング! 話題の格安simを実際に使って激安simの格安価格を実感! 大手キャリアスマホの高すぎる価格料金を一気に半額以上下げるお得な選択は格安sim提供会社MVNOの格安simと入れ替えるだけ?! そのワケは格安sim格安sim提供会社は主に15社ほど・・・ 人気おすすめ格安simランキングを比較すれば完璧ですね♪!

格安sim比較

LINEモバイル(ラインモバイル)

楽天モバイル

1728円:月額 データー量:3.1GB UQmobile(UQモバイル)

イオンモバイル

BIGLOBE SIM・スマホ

mineo(マイネオ)

nuromobile(ニューロモバイル)

Nifmo

U-mobile(ユーモバイル)

OCNモバイルONE

TONEモバイル(トーンモバイル)

IIJmio

DMMモバイル

DTI SIM

エキサイトモバイル

ワイモバイル

J:COMモバイル

格安sim 通話

番号そのまま格安sim格安sim 通話に加入後の電話番号気になりますね・・、 今使っているキャリア電話番号利用するMNP(ナンバーポータビリティ)制度の利用手続きが必要です

つまり格安simへMNPします

キャリア電話番号はそのまま格安simに移行します

格安sim 通話もキャリア電話番号と同じ電話番号で使えます

mvno速度

mvno速度 MVNOの格安simで重視すべき速度! 格安SIMカードを使ったDMM mobileや楽天モバイル・U-mobileなどが格安SIM MVNO測定上位に目立ちます UQ mobileやLINEモバイル、そして楽天モバイル! 昼の時間帯での下り速度が良い結果のようです FREETELも高評価が多いみたいですけど・・・ 大容量データー通信量とGBプランの格差は大きくありません 一番利用価値を決定する要素が通信速度なんです 比較で難しいのが時間帯! 意外と見落としやすいよう注意のポイントです さらに回線スピードテスト帯域だけ解放しているケースもあるらしいので 最終的には、自分で実際に画像等をダウンロードして比較しないと安心できません つまり速度比較サイトと現実速度とのギャップを差し引いた千里眼が要求されるわけですね・・・ こういった視点を加味した情報によると Y!mobileやUQ mobile、それにLINE mobileの通信速度が優秀のようですが・・・ ただしLINE mobileの加入絶対数が少ないことも影響して通信速度高評価が出ている可能性があります

mvno速度比較

多くのサイトでの比較結果を見て 自分が利用するケース(時間帯や地域・利用端末)と照らし合わせて通信速度を予測することになりますね・・・ 実行速度は微妙に上下しますから・・・ mvno速度制限なし mvno速度ランキング いろいろ比較して利用したいケースに最適な格安simを選ぶことです 現在格安simは横並び一直線とまで言わないにしろ 性能的にも大差ないことを考えると MVNO会社が格安simに置いている機能重点ポイントが異なるのだから 自分の利用動機やパターンに最適なMVNOの格安simを選ぶことが最適といえます

スマホの節約は格安sim一択

ここ1,2年、格安simとか格安スマホという言葉を各メディアで1度は目にしたことがあるのではないでしょうか?

一口に格安simといっても、多種多様で、2016年11月現在、格安simサービス提供事業者は200社を超えたというニュースもあるほどです。

格安sim会社(MVNO)のおすすめと格安simを使用する上で、おすすめのスマホ端末について・・・・

おすすめのMVNOは、ある程度、競争が進んだ状況ですので、どのMVNOと契約しても料金はさほど変わりません。

データ通信のみで1GB440円/月~、3GB900円/月~。

音声通話機能付きで、3GB1,600円/月~といった値段が相場となっています。

大手キャリア(ドコモ・au・ソフトバンク)だと、5GBの通信容量と5分間の通話定額やインターネット接続サービス料などではそれなりに7,000~8,000円/円程度が相場ですから、MVNOに乗り換えるだけで、かなりの節約効果が期待できます。

具体的なMVNOの選び方は、結論からいうと、IIJmiomineoUQモバイルワイモバイルの4社!

MVNOの一番の欠点は、通信速度の著しい低下が時間帯によってあるということです。

大手キャリアから回線を小分けでレンタルして、MVNO利用者へ回線サービス提供を提供しています。

そのため、どうしても、大手キャリアと比べると、お昼12時台や夕方5時台など、多くの人が利用する時間帯になると、回線が細いので、どうしても回線が混雑してしまい、まったく回線スピードが出なくなるということが宿命となっています。

もっとも、利用料が安いわけですが。こうなった時に、ある程度投資をして大手キャリアからのレンタル回線を増強し、利用者満足度の向上を図ってくれるようなMVNOがおすすめです。

いくら安くても、まったく使えなければ意味がないですからね。

そういった意味で、IIJmiomineoの2社は、利用者満足度向上に向けた努力を継続的にしていて、新しいスマホが発売されるたびに動作確認をとって、速やかに利用者に知らせる、利用者同士の掲示板を用意しているなど、顧客フォローの面で、他社と比べると頭1つ抜いている印象です。

残りのUQモバイル・ワイモバイルは、それぞれ、au・ソフトバンクのサブブランド化したMVNOで(MVNOと言っていいのかどうか?)、実質、au・ソフトバンクの回線品質そのままで、かつ、MVNOとしての料金体系で通信サービスを提供しているので、本当におすすめです。

  現在においては、MVNO各社に見られるような著しい通信速度の低下は、ほとんどない状態です。

次に、こういった格安simカードを刺して使用するおすすめのスマホ端末について・・・。

基本的にMVNOは、ドコモとauから通信回線を借りてきてサービスを提供しています。

中でも、大半がドコモで、au系は、UQモバイルとmineo(Aプラン)の2つのみです。

ドコモ系のMVNOですと、基本的にドコモの端末があれば問題なく動きますし、最近シェアを伸ばしてきている海外製SIMフリースマホも、日本国内で普通に販売されているものなら、問題なく動作します。

厄介なのは、au系のMVNOです。

auの端末でも動作しないものもあり、かなり複雑ですが、基本的にau端末でSIMロック解除されているものは、問題なく動作します。

こういったことも含めて、一番のおすすめは、SIMフリーのiPhoneです。

ドコモ系・au系・ソフトバンク系のワイモバイルでも、いずれもきっちり動作しますので、安心して購入することができます。

唯一ネックなのが、端末価格が高額であることですが、一旦、購入してしまえば、1年後、2年後のリセールが非常に高いので売却代金を考えると、実質1年間使って4万円程度で済むと思われます。

国産メーカー製であるとか、おサイフケータイ機能がついていないと困るという方には、富士通製のarrows m03がおすすめです。

実売価格も3万円台前半とこなれてきています。

とにかく、価格が安くて値段のわりに高性能という端末がご希望ならば、中国メーカーHUAWEI社製のP9liteか、台湾メーカーのASUS製のZenfoneシリーズがおすすめです。

特にZenfone2 laser,Zenfone GOあたりは、実売価格2万円前後まで落ちてきており、性能も2万円のスマホと思えないほどです。 以上のように、大手キャリアにこだわりがなければ、仕事で通話を極端に使うとかでなければ、格安SIMや簡単アンドロイド アップデート格安sim おすすめツイッター ログイン速度早いブラウザ おすすめ7インチ タブレットって本当におすすめです。

格安sim おすすめ

格安sim

格安simu

格安sim 比較

格安sim おすすめ

格安sim iphone

格安sim 速度

格安sim iPhone

格安sim 通話

格安sim au

格安sim キャンペーン

格安sim デメリット

格安simとは

格安sim かけ放題

格安sim テザリング

格安sim 速度 比較

格安sim ランキング

格安simカード

格安sim 速さ比較

格安sim 通信速度

格安sim 無制限

格安sim mnp

格安sim 通話定額

格安sim line

格安sim ソフトバンク

格安sim タブレット

格安sim docomo

格安sim 通話し放題

格安sim ガラケー

格安sim デビットカード

格安sim 電話番号

格安sim 比較 速度

格安sim メールアドレス

格安sim wifi

格安sim シェア

格安sim 使い放題

格安sim ルーター

楽天モバイル格安sim

楽天モバイル格安simが多くの人に選ばれている理由

格安simも現在はたくさんの会社から販売されています。

中でも楽天モバイルは、メインで利用している格安simサービスでシェアNo.1を獲得しました。

では、数ある格安simの中で何故楽天モバイルが多くの人々に選ばれているのでしょうか?

ここでは楽天モバイルの人気の理由や、オススメのプランなどを解説していきます。

1.人気の秘密はとにかく安い!

楽天モバイルの人気の理由は、なんといっても安いというところです。

スマートフォンやタブレットの端末を持っていれば、通話のできる一般的なプランでは月々1250円〜。

また、タブレットに嬉しいデータプラン(通話なし)ではなんと月々525円〜と大変安くなっています。

スマートフォンの端末も一緒に購入したい場合でも、通話プランも付けて月々1880円〜(1年目)と大変お得です。

こういった、安さが売りの格安sim業界の中でもかなりの安さを誇るプラン内容で、多くの人々に選ばれているのでしょう。

2.Wi-Fi環境が整っている人には断然オススメ!

楽天モバイルのプランも、他社と同じく月々の使用GBによって値段が変わってきます。

ほとんどWi-Fi環境内でしか端末を使用しない場合は、最安値のプランで問題ないかと思います。

つまり、先程紹介した通り通話機能付きで月々1250円、通話機能なしで月々525円という夢のような金額で使用できるのです。

Wi-Fi環境が整っている方は必見ですね。

特に通話機能なしのデータプランは業界最安値水準のため、法人からも多く選ばれているようです。

また、外出先でネットを使用することが多い方でも安心です。

通話機能がついて5GBのプランで月々2150円、10GBのプランでは月々2960円と、とても良心的な金額で使用できます。

加えて、20GBや30GBのプランも展開されており、これらのプランの使用料も一般的な携帯電話会社よりもはるかに安いのです。

外出先での使用が極端に多い方は是非、比較検討してみてください。

3.通話頻度が高い人でも安心の楽天モバイル

一般的な格安simの難点といえば通話サービスに関して少し薄いところです。

これは近年では無料通話アプリが浸透してきているため、通話サービスを必要とする人が減ってきているからです。

しかし、仕事の電話などどうしても通話をしなければいけないという方も中にはいますよね。

そんな方にオススメしたいのが、楽天モバイルの通話の頻度が高くても安心なサービスです。

それは5分かけ放題オプションというサービスで、月額850円で5分以内の国内通話が何度でもかけ放題という内容になっています。

通話の頻度が高いと格安simは料金が高くなってしまうのでは...と悩んでいる方にとってはとても嬉しいサービスですね。

5分を経過してしまっても、30秒10円と格安の電話料金になっています。

しかも、このオプションをつけても月々2100円〜と一般的な携帯電話会社と比べれば大変安いです。

格安simへの乗り換えを通話の頻度が高いことによって迷っている方は、是非楽天モバイルを考えてみてください。

4.貯まる!使える!楽天スーパーポイント

楽天モバイルは楽天が出しているsimなので、もちろん楽天ポイントがつきます。

月々の料金の支払いでは、100円につき1ポイントが貯まります。

そして、通話機能付きsimを契約していると、なんと楽天市場でのお買い物ポイントが契約期間中ずっと2倍になるのです。

楽天会員であれば嬉しいサービス内容ですね。

また、料金の支払いに楽天カードや楽天市場でのお買い物で貯まった楽天ポイントを使用することもできます。

ポイントは1ポイント(=1円相当)から使用することができるので、わかりやすくとても便利です。

楽天は、貯まりやすく使用しやすい充実したポイントサービスが魅力ですが、楽天モバイルでもそのままポイントサービスを利用できるのが嬉しいですね。

以上が、楽天モバイルの人気の理由やオススメのプランになります。

サービスの充実した楽天モバイルもおススメ人気ランキングでしょうね!

ページの先頭へ