まさにMNPがわが国日本にも導入されたことで、契約している電話会社を変更する人が増加し、昔より価格競争が盛んに行なわれるようになり、その結果我々ユーザーにもメリットが増えてきたと言えます。
格安SIMのウリと言えるのは、誰が何と言おうと料金が安いことだと言っていいでしょう。以前からある大手通信事業者に対して、かなり料金が低く抑えられており、プランを詳細に調べていくと、月額1000円以下のプランが存在しています。

著名な大手キャリアと比較してみると、格安SIMは料金が相当節約できるということで高人気です。料金が格安だからと言いましても、データ通信だったり通話が異常をきたすことがあるということもなく、納得していただけるでしょう。