楽天モバイル
楽天モバイル毎月の携帯代を大幅節約
格安simで、毎月の携帯代を大幅節約!格安sim 楽天モバイル中心に、説明。
格安simは、月額料金は525円~からと安く、最新モデル含む、格安スマホがかなり安い値段で購入できる割引セールを実施しています。
データ内容も200kbps~30GBまで、年代問わず、さまざまなユーザーに適した料金プランを選択することができます。
また、通話SIMなら、獲得できる楽天ポイントが2倍にアップするなど、買い物が好きな方、楽天市場を多く使う方は、ポイントを上手に使いこなすことができます。
またクレジットカードだけでなく、支払いも口座振替が可能であるため、カードが苦手、という方でも選択することができます。
しかも、初月が無料で、使い始めはお得に格安SIMを試しつつ利用することができます。
楽天モバイルなら、格安SIMに必要なスマホ本体も、大幅に割引するキャンペーンをほぼ毎日しています。
格安SIMはドコモ(またはau)の回線を利用しているため、つながりやすい、という利点を持っています。
通信速度は比較的良好で、情報によれば通信速度は契約時期などで変化する、とも言われていますが、体感的にはすごいヘビーユーザーでない限り、問題なく使用できるスピードだと思います。
テザリングなどして、パソコンを利用するなどすると、やや遅さを感じますが、wifi環境などでカバーできる範囲であるため、問題なく使用できると思います。
価格は、楽天モバイル最大の利点であり、格安スマホセットは他社と比較しても、一番最安値で購入できます。
3割引、半額、機種によっては8割引など、簡単に安い値段で購入可能できる場合もあります。
しかし、性能も低いスマホも混じっているため、自分の使用のスタイルを確認して、割引率も考慮しつつ端末を選ぶとよいと思います。対象機種や割引率は日々変化しているため、自分の気に入ったスマホに目星をつけつつ、新しいキャンペーンを待つということも手と思われます。新しいスマホがすぐに必要でなくても、予備スマホとして保管しておくのも手と思います。壊れてしまった場合でも、すぐに自分で端末を交換し、SIMカードを交換すると問題なく使えることができます。価格帯としても、安いですが、分割払いも可能です。しかし、分割手数料がかかるため、楽天カードで支払いをするのがベターだと思います。他社のカードでは、そこそこ高い分割手数料が取られます。計算すると、約15%分割手数料がかかるため、基本的に一括払いで支払うのがお勧めです。もう一つは、楽天モバイルの通話SIM、または格安スマホと通話SIMのセットを申し込むことで、楽天ポイントが2倍獲得できることになっています。楽天市場で高額な買い物をする方であれば、多くのボーナスポイントがもらえるような計算になります。また、月額料金を支払うと、1%分のポイントがもらえます。もともと月額料金が安いのでおまけ程度ですが、毎月使うものなので、塵も積もれば山となります。私も通常スマホユーザーから、格安SIMへと変更し、まずは月額料金が安くなり、家計が楽になりました。もともとあまり通話はしないほうなので、特に料金を安くすることができました。通常ならば、2年縛りがある上に月6000~9000円程度かかる計算であり、なんとか安く済ませられいものか、と考えていました。しかし、生活上、携帯電話としては手放すこともできないため、我慢しつつ高いと考えていた料金を払っていました。しかし格安SIMに切り替えて利用することで、2000円ちょっとでスマホを利用できるようになり、家計がすごく楽になりました。その分、それ以外のことにお金を回すこともでき、すごく楽になりました。月額料金は5000円程度浮く計算となり、しかも2年縛りがなくなったため、スマホを変えたいときに変えられる環境となりました。もともと自宅・職場ともにwifiを使用しやすい環境であるため、通信速度もそれほど気になることはありませんでした。スマホ自体も通常スマホと遜色ない
使い勝手で、使用する側としても問題なく使用できました。スマホは現在の生活では必要不可欠であるため、これからも毎月使用料を払う必要があります。その中で、毎月かかる料金を減らせることは嬉しいことです。もっと早く、格安SIMを見つけられていたらよかったな、と思うところです。
格安SIMへのMNP予約番号については、通常スマホから番号が同じで移行することができてよかったです。最近はlineなどのSNSもあるため、いろいろな人に電話番号が変わったことを伝えることは面倒であると感じます。手続き自体は、MNP予約番号というものをもらうだけなので簡単に手続きできます。MNPの手数料はドコモ2000円、au3000円、 ソフトバンク3000円となっています。手続きの流れとしては、電話でNMP予約番号を使って、格安SIMを申し込みます。その際は、スマホ所有者であれば、格安スマホの購入もスキップできます。3~4日で格安SIMが自宅に届き、書類に沿って開通手続きをします。慣れた方であれば、小1時間あれば通常通りスマホを利用することができます。これは、ドコモ、au、ソフトバンクすべて同様の手続きで可能です。MNP予約番号は有効期限があり、格安SIMや格安スマホを購入する直前に予約番号をもらうのがいいと思います。ショップでもらうとやや時間がかかることがあるため、事前に電話などしておくことをお勧めします。iphoneにも格安SIMは利用できるようになっており、メリット、デメリットなどあります。SIMロックあり・なしで動作するものと、動作しないものと、さまざまな場合があります。SIMフリーのiphoneではにはアンドロイド機種と比較しさまざまな機能もあり、使用しやすさもありますが、やや値段にネックな部分もあります。店によって差はありますが、16GBモデルで、税込85000円の場所もありました。一括購入するとなると、かなり高い値段となります。そこで、分割購入するという手段もあります。また、新しく発売されたiphoneや、新しいバージョンの端末となると、格安SIMでは正常に動作しないこともあり、注意が必要です。アップデート時などもトラブルがよく起きるようです。その際、楽天モバイルももちろんですが、格安SIMを提供する事業者がいち早く動作確認するか、にかかっています。事前に確認し、動作確認されているかを見るようにするべきだと思います。アンドロイドに比べて、iphoneはやや動作確認機種に含まれていないこともあります。しかも、情報が不完全なこともあるようなので、事前に情報を集めることが重要であると思います。
色々な意見は聞かれますが、私自身は格安SIMは大いに賛成です。周囲の友達、家族でも導入しているところが多く、通常スマホには戻れない、という意見は多くありました。1人だけでなく家族全員で変更すると、計10000円以上は月にお金が浮き、食費や旅行代にお金が回せるかも、などといったわくわくも増えます。弱点としては通話料金であると考えますが、最近はline通話やアプリでの通話が発達しているため、さまざまな条件を満たせば、かなり良い選択肢となるのではと思いました。楽天モバイルでは、実店舗を利用すれば、疑問点や質問、セットアップも初めからすべて行っていただけます。また使い切れなかったデータは繰越し可能となったりと、通常スマホと遜色ないサービスがあります。
以上で、格安スマホについて書かせていただきました。少しでも、格安スマホを購入する際の参考になればと思います。